Firma WATANABE

NOS,NEU und ORIGINAL-TEILE für DEUTSCHES AUTO

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北イタリア:ステルヴィオ峠 (伊語: Passo dello Stelvio 独語:Stilfser Joch)

D3S_3793.jpg

標高2758mイタリアで最も標高の高いステルヴィオ峠。周辺にはGran Zebrù山(3859m)を筆頭に3000m級の山々を見渡す、イタリアの自転車レースGiro d’Italiaのコースにも利用されるこの峠。通行可能な5月末から11月までの短い通行可能期間に、世界からこの峠を走る為に人々がやって来る。自転車で登る人々は日頃しっかりと鍛え抜かれた人ばかり、自転車もロードレーサーからツーリング自転車まで多様。とはいえ、山頂では筋肉を無理に使ったと言わんばかりの歩き方をしている人ばかり。そうであっても、その根性に拍手を送りたくなる。

多くの雑誌で世界最高のドライブコースと絶賛され、王道とも言えるステルヴィオ峠に使われる乗り物は、車、バイク、そして自転車。それぞれ馬力もトップスピードも違う乗り物で、100を超える決して広くないヘアピンカーブをシェアして行かなければならない。そこに必要な物は、譲り合いの気持ちで、車で自転車の後ろを走る事も時にはしなければならない。しかし、大都会の時間に追われた気の短いサラリーマンはこの峠に存在せず、心の余裕とマナーの良さがしみじみ感じられた。そのマナーの良さの背景には、先を急がず、ゆっくり景色を楽しみたいという考え方を持っている人が大半を占めていると言える。この峠は1歩1歩が喜びであり、速く走るどころか、出来る事ならば道中で自由に立ち止まり、景色を満喫したい程である。

山頂は小さな町となっていて、買い物、レストラン、教会などがあり色々楽しむ事が出来る。この山頂では皆が友達で、他人同士でも会話が弾む。山頂での景色を楽しむ人も多く、下山したくない人にはホテルすら用意されている。

峠を走行する際は、交通量が少ない早朝登山を絶対にお勧めする。独り占めの峠、澄んだ空気と素晴らしい景色。ドライブに必要なものがすべてそろっている道といっても過言ではない。この峠は人生の必修ロードである。是非皆さんにも一度は訪れて頂きたいと思う。

峠標高 2758m
期間  11月〜6月通行止め
難易度 ★★★★★ 難
景色  ★★★★★ 素晴らしい
道の状態★★★★☆ 良

DSCN0407.jpg
空に向けて道が続く

D3S_3845.jpg
山頂では会話も弾む。

DSCN0421.jpg

DSCN0399.jpg

D3S_3799.jpg
いろいろな、動物達が道ばたでのどかに暮らしている。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://porsche356bis911.blog88.fc2.com/tb.php/609-ba70e2c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad