Firma WATANABE

NOS,NEU und ORIGINAL-TEILE für DEUTSCHES AUTO

ドイツでのクラシックカーの車両税

ドイツでは、環境問題やリサイクルに力を入れております。ごみの分別収集は当然のことながらジュースのペットボトルや缶でさえ返却しなければならないという(1本に付き30円程度の返却)徹底ぶり。買い物に行っても買い物袋はただではくれません。
そんな、国ドイツが排気ガスを出す古い車になぜ甘いのか?
ドイツでは車の排気システムによりランク付けされていて税金の払う金額が変わってきます。簡単に言えば古い車になればなるほど高くなります。


ではなぜオールドタイマーの税金が安いか?
それは、ドイツがある一定の条件を満たされると、通常の乗用車として扱わなく、コレクション、趣味の車と扱われます。
それらのオールドタイマーに付いているナンバーの事をHナンバーといいます。では、Hナンバーを取るために必要な条件とは。
製造してから30年経っている事。
年間5000km以内の走行距離。
国認定監査人の車の状態証明がある一定のレベルを達している事。
以上が条件であります。

これでも、厳しくなった方ですが、このドイツがこれを認めていること事態、(アウトバーン制限速度なしもそうですが) やっぱりドイツは車の国なのだな~と思います。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://porsche356bis911.blog88.fc2.com/tb.php/61-833a1a21
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)