Firma WATANABE

NOS,NEU und ORIGINAL-TEILE für DEUTSCHES AUTO

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015年のN.ジンガーとの夏の思い出

2015年8月、Suttgartに住むある知り合いから一本の電話がかかって来て、ぜひ一緒に食事をしたいといわれた。ちょうどその2週間後にStuttgartに用事があったので、その晩に予定を入れて電話を切った。

当日、町中のレストランで郷土料理でも食べるのだろうと思っていたが、ホテルに向かえに来た車に乗ると「今日はちょっとサプライズがある。」とだけ車の中でいわれ、車が動きだした。車の進む道は何度も走った事があるポルシェ本社の方向であった。走れば走るほど、車はポルシェ社に近づき、こんな工業地帯に招待される様なレストランなどあるのか?もしかしたら、地元の飲み屋で飲もうという魂胆なのか?と思ったが、車はポルシェミュージアムの地下駐車場に入った。

彼のいう「サプライズ」とは、閉館したミュージアムの車やバックステージを見せてもらえると直感した。気を使ってくれた知り合いの気持ちは嬉しいが、その事を子供の様に喜べないのは、数ヶ月前にミュージアムに行ったばかりだ。そこにおいてある一部の車は普通の人から見れば珍しく希少なものなのかもしれないが、私からしてみれば常日頃見ている車どころか、実際に常日頃運転している車もあるので、私にとって他人が想像するほどハイライトでは無いのである。

そして、地下駐車場から建物の中に入ろうとした時に、「今日はミュージアムのレストランで食事を取る。気に入ってもらえるといいのだが。。」と言われ、車を見ながらの食事ならば多いに結構と「もちろん!嬉しく思います。ありがとう」と笑顔で答えた。その時微笑み返され、「実は知り合いも呼んでいて、その人の事も気に入ってもらえると嬉しい。」と伝えられた。

そしてレストランに付くと、顔パスといった感じで奥の部屋に案内され、全員揃うまでここでお待つようにいわれた。アペレティブを飲んでいると、なんと1人の紳士が「みなさん、こんばんは!」とやって来た。。。。なんと、ノルベルト・ジンガー氏であった。。ジンガー氏は1970年よりポルシェワークスレースチームにおいて欠かせない人物で、917のルマンから911GT1までのレース活動に貢献したワークスプロトタイプチームの中心人物で70年代以降のポルシェワークスレーシングチームを語るのに、彼は欠かせない重要人物である。定年を向かえた2004年以降も定期的にポルシェワークスのピットに顔を出している。

会食の最初の話題は、まずはミュージアムのレストランのキッチンの話題から始まった。ポルシェのレストランのディナーはハイレベルで、前代表であるヴィーでキングがこだわり抜いたキッチンである。彼の好物のステーキは特別に輸入された肉(特別許可)を特例でStuttgart市から許可されたドイツでは通常利用不可とされている高熱のオーブンで焼き付ける。非常にハイレベルなステーキといえるであろう。ヴィーでキングの話も多く聞かせてもらえた。90年初期傾きかけたポルシェを、彼は本当に良く立て直した。彼は2009年に会社を後にしたが、それでも彼の名残は確実に社内に残っていることが肌身で感じ取れる事が出来た。その一つがこのステーキである。

同席した、私以外の人達は毎日通っているのかというくらいの常連ぶり。それはそのはず、世界各国のイベントに車と一緒に旅行する事もただあるヒストリックプロトタイプ関係者がそれらのマシーンが多く飾ってあるミュージアムのレストランにの常連となるのは当然のことで、彼らにとって、社員食堂のようなものだ。

ポルシェマニアといえば、市販車の話題で盛り上がるのが常であるが今晩は全く違う。プロトタイプやルマンを始めとするレースの話ばかり。しかも、実況中継を聞いているかの様にリアルなのである。ジンガー氏の目はメカニックも恐れるほど隠し事が出来ない。彼はマシーンが遅ければ出場チーム前チームの全周回のタイムすら集めて来て、徹底的に解析する。そして、その結果を見て的確に問題点を指摘していく。話をしていて口調から、妥協を許さない厳しい人であったはずだ。

技術の進歩が実った年、実らなかった年いろいろ苦労話を聞かせてもらったし、2015年ポルシェがルマンで優勝したその舞台裏の話を聞く事も出来た。多くの話がグレーである為にここに書く事は出来ないが、レース屋の信念とゴールに向けるサーキット以外での戦いの話を聞くとルマンなどに参戦するチームのメンバーには「戦士」という言葉が本当に似合っていることがわかる。サーキット上のみならずチーム内でも、そこは戦場である。持っている技術を最大限に引き出そうとする人の目には妥協はない。市販車の場合は最新モデルが最良の車である事が常だが、レースカーの場合開拓して行く為に、必ずしも最新のポルシェが最速である訳ではない。責任者が背負うプレッシャーと、数多くの技術者をまとめて1つのチームを作るというのは神業と言っても過言ではない。

ジンガー氏は現在では最前線を退いたが、世界各国のレーシングポルシェのイベントで車と同様にワークスのゲストとして招待を受けて忙しくしている。ミュジアムにある車と同様に直に話が聞ける希少な存在で、ポルシェミュージアムに1日中座らせて話をさせたいくらい、興味深い話が聞ける。何歳になっても、若かりし頃情熱を注ぎ込んだ車たちの近くにいられる彼は本当に幸せそうで、理想的なポルシェライフだ。こんな老後を過ごしたいと本気で思った。

02DT01.jpg
ノルベルト・ジンガー氏 左から2人目

参考(Quelle Wikipedia)
ノルベルト・ジンガー(ドイツ語: Norbert Singer )は、ドイツの自動車エンジニアである。
1939年[1]11月16日、当時ドイツ国のズデーテン地方ヘプに生まれた。ルートヴィヒ・マクシミリアン大学ミュンヘン卒業後ポルシェに入社し、1969年に故障したポルシェ・917のトランスミッションクーラー改良を担当し、1970年のル・マン24時間レースにおいてポルシェ初となる総合優勝と、1971年の連覇に貢献した。その後ポルシェ・911をベースとするレーシングカー開発を担当、開発したポルシェ・935は1979年のル・マン24時間レースに優勝した。1981年ポルシェ・936/81、1982年から1985年までポルシェ・956が、1986年と1987年と1994年にはポルシェ・962が優勝している[1]が、ジンガー自身は1988年のル・マン24時間レースが終了した時点で量産車部門に異動した[1]。その後レース部門に復帰しポルシェ・WSC95で1996年と1997年を、ポルシェ・911 GT1で1998年のル・マン24時間レースに優勝するなど耐久レースにおけるポルシェの黄金時代を築いた。
ポルシェを定年退職してからも3年顧問として残り、ポルシェ・911のレース活動を陰で支えた。2012年時点では国際自動車連盟とフランス西部自動車クラブのコンサルタントとして2014年向けのレギュレーション策定に協力している。

ポルシェ356A 356B スピードメーター Km/H レストア

N3S_1162.jpg


状 態:レストア済み
種 類:純正
生産国:西ドイツ
価 格:SOLD
説 明:
ポルシェ356のKm/H 表示のスピードメーターです。レストア済みでこの価格は大変お買い得です。
この機会に是非ご検討ください。

ポルシェ356PreA 356A Bosch筆記体 左右対称ヘッドライト 新品

N3S_5329.jpg

状 態:新品
種 類:純正同様
生産国:西ドイツ
価 格:SOLD
説 明:
Bosch文字は筆記体、調節ねじが9時と12時の356PreA,356Aのヘッドライト新品(大変レア)なセットを
特別価格にて販売いたします。この機会にご検討ください。

2015年をふりかえり

不定期に更新されたブログを読んでいただいた皆さんありがとうございました。来年も不定期ですが、頑張って更新して行きますので、よろしくお願い致します。今年あった出来事を少しまとめて見ました。

_VAL6159.jpg
GP nuvolari

★イベント
毎年恒例のポルシェ356ツアーとは別に、今年はイタリアでGP Nuvolariに参戦をしました。

DSCN4935.jpg
GP nuvolari

SER_9910.jpg
GP nuvolari ”Pisa”

★レストア
55PreAカブリオレのレストアが終了して、無事に日本に送りだしました。素晴らしい車に仕上がりました。たくさんの愛情を込めてレストアされました。是非大切に乗って頂きたいと思います。

DSCN4983.jpg
1955 Porsche 356 PreA Cabrio Restore

★ショップ
今年は当社にとって 4−カムの年となりました。カレラエンジン2基、そして数多くのプロトタイプパーツを販売しました。現在Porsche356 Speedster Carrera1500のレストアが進行中で1500Carreraのエンジンをオーバーホール&レストアしています。

また、2016年から当社は新体制で始まります。今までのパーツ部門はイタリアのAir cooled 社と提携を組む事になりました。新品部品と一部の中古部品は今後Aircooled社から発送されます。ご注文は今まで通り、日本語で当方へお問い合わせください。支払い方法はPaypalもしくは銀行振込になります。

image003.jpg


★2016年
2016年の予定はラリーへの参加、ヨーロッパモーターショー(クラシック)へのブース出店、ポルシェツアーなどいろいろ予定しております。ブログでその都度ご報告致しますので、今後もご観覧ください。

DSCN4973.jpg

ポルシェ356A&B CarreraGT オリジナルホイール

CIMG8816.jpg
CarreraGTホイール(ホイールキャップはこのままでは装着できません)

CIMG8815.jpg
356Carreraのリムはリベット止め。(19リベット)

CIMG8820.jpg
KPZ刻印(純正)

CIMG8811.jpg
4 1/2J 15

種 類:当時もの純正
製造年:1960年初期
状 態:中古
価 格:1,000,000円(2本セット)
説 明:
ポルシェ356CarreraGS GS/GTやRS60/61に利用されたKPZオリジナルホイール(サイズ4.5J 15)です。当時ポルシェ356Carreraにのみに装着された非常に希少な商品です。非常にレアパーツで入手は非常に困難です。対象車両をお持ちでこの商品が欠品されている方、またはコレクションとして、ストックパーツとして、是非このチャンスを逃さないでください。


ポルシェ356パーツ お買い得商品

DSC_5095.jpg
DSC_5096.jpg

■PORSCHE 356 Horn BOSCH HO/FAS 6/4
Original/USED
EUR360+shipping

オリジナルホーンです。動作確認済み、オリジナルの音を堪能ください。


N3S_1056.jpg

■Porsche 356 BOSCH Head Light set
Original/New
Price EUR 850+shipping
ボッシュ356A以降用のヘッドライトの新品です。たいへん希少な入手困難パーツです。
もちろん、当時もの新品のバルブソケットもついています。なかなか無い絶好のお買い得価格です。
ご検討ください。

SOLD

DSC_5099.jpg

Carrera RS - new edition 2015

24_main_full-1.jpg

最新版のCarreraRS2015年版が発売になりました。
ドイツ語版/英語版合わせて3000冊の限定です。

The new edition of the Carrera RS book gained 178 pages over the first, sold-out edition of 1992. Many new insights and findings found their way into the 2015 edition. A vast amount of yet unreleased historical photographs illustrate the motorsport career of this legendary model.

The book describes the origin of the "Carrera legend," which is followed by a portrayal of earlier Carrera types. The key part of the book are the chapters that cover the development and technical specifications of the Carrera RS. The optional equipment is shown in detail. The technical aspects and motorsport career of the RSR race version is extensively documented. The research for the new edition spanned over three full years and the authors were happy that Porsche opened its archive for them, allowing glimpses of internal notes and other period documentation.

The revised text goes hand in hand with an abundance of unknown historical photographic material. The book lists all 1,580 Carrera RS built, giving all production details on colors, equipment and interior – the ideal reference book for aficionados, collectors and restorers. The 434 page strong book has been published in two languages (German and English). Both editions are numbered and limited to 3,000 copies. The English version is yellow clothbound and is protected by a brown cloth slip case.

Details:
- Numbered and limited edition of 3.000 copies
- 434 pages
- 25.7 x 29.9 cm
- Clothbound cover and slipcase
- Over 1.000 photographs and illustrations
- English edition, published August 2015

夏休みの出来事

DSC_4992.jpg

夏休みを頂いていた関係で更新が遅れております。夏休みのイベントのご報告を致しますので、ご期待ください。

Firma Watanabe Porsche356で行く アルプス&トスカーナ ツアー報告

IMG_2469.jpg

雲が少し多めの晴れ、気温は23~28度程度と言うカブリオレには最適な天候に恵まれて本日アルプス&トスカーナツアーから本日返って着ました。総合移動距離は約3500km。友達の356SCも途中加わり2台で峠をクリアーして行きますが、比較的観光客も少なくのんびりとしたドライブとなりました。Firenzeでは町中を観光した後、地元人が良く通うステーキハウスで名物のLa Bistecca alla fiorentina(フィレンツェ風ステーキ)を頂きました。地元人に愛されているレストランという事は、客層を見ればすぐにわかります(世界で一番美味しいと友達のFirenze人が言うほど)。そのステーキの味付けはシンプルでお肉はジューシー。何処のテーブルを見ても、皆同じ物を注文しているほどの人気料理。そんあ料理を思う存分楽しみました。

最終日のベローナからミュンヘンまでは、メラノ(イタリア)を経由して、ドイツのアルプスを越えるまでは高速を使わないルートを使ったりと、数えきれない峠を越えました。 Timmelsjoch峠では、雪がちらついたり、雪の壁の間を通ったり、ヤギがのんびり道路を渡るのを待ったりと、びっくりの連発。。。

今回も非常に印象深いツアーになりました。
356も一切のトラブル無く、疲れ知らずで最後まで好調を保ってくれました。車も、人もお疲れ様でした。


IMG_2470.jpg

DSCN4214.jpg
Firenze~Modena

DSCN4187.jpg
Firenze

IMG_2494.jpg
La Bistecca alla fiorentina

IMG_2569.jpg
雪残る山頂付近

IMG_2571.jpg
ヤギの横断

IMG_2572.jpg

2015年 ポルシェ356 ヨーロッパ トラベル クラブ 活動開始 

ポルシェツアーのシーズンがきました。

企画する日程は都市訪問、ミュージアム訪問、峠走行など数多くのルートを提供しております。コースは天候、気候、参加者の体調などに合わせて決定して行くツアーです。日本から長旅で飛行機の中で寝れなかったのに翌日から12時間の峠フルコースは過酷です。レストランで言えば調理人がお客様の様子を見て量や味、そしてタイミングまで、おもてなしをするようなツアーを提供出来ればと思っております。今回のメニューは下記のコースをご用意させて頂きました。

今年は、既に複数のイベントが企画されています。非常にエキサイティングなシーズンになりそうです。日本の皆さんとヨーロッパの地で車三昧の日々を共に過ごせる事を楽しみにしています。ツアーガイドは、当社代表の渡辺が担当いたしいます。

興味を持たれましたらお気軽にお問い合わせください。

■2015年カレンダー
6月:満員
8月:空きあり
9月:満員(ラリー)
11月: 予約済み(冬ツアー)

■2015年のツアーメニュー

A:ドロミテコース
北イタリアにあるドロミテは特有の岩山がならび夏にはヨーロッパ各国から観光客が集ります。その岩山の間のすり抜ける峠の道は、終わりなく続き、その1つ1つが非常に印象的です。ドロミテは多くのクラシックカーラリーイベントでも利用され、ポルシェオーナーならば一度はポルシェで走りたい絶景ルートです。

B:St.Moritz周遊コース
スイスにある冬シーズンの人気保養地サンモリッツを拠点とする周遊コース。サンモリッツの周りには数多くの絶景ルートがあり連泊し、自然と食事を満喫する保養のコースです。

C:Grossglockner峠とポルシェ発祥の地グミュントコース
オーストリアを代表するアルプスの峠Grossglocknerは北イタリアのドロミテからザルツブルクにぬける峠で、ここもアルプスのハイライトです。近くにグミュントポルシェミュージアムがありポルシェファンならば1度は訪れなければなりません。それが、ポルシェで訪問出来るのならば最高の贅沢です。

D:トスカーナ周遊  Mille Miglia 2015 & GP Nuvolari2015 ルート
イタリアを代表するクラシックカーレースMille MigliaやNuvolariで良く利用されるトスカーナコース。景色と料理をポルシェと共に堪能するコースで、とても贅沢な1日になる事でしょう。2015年6月と9月のみ

E:スイス、イタリア国境 Passo ツアー
「自然と道」という題名が似合うこのコース。大自然と対話をしながら厳しいヘアピンカーブをいくつもクリアーして行く冒険的コース。夏休みは非常に混み合い、そして冬は通行止め道路で、事実上楽しんで走行出来るのは6月と10月の2ヵ月の間で、しかも天候の良い日のみ。真夏でも山頂付近では雪が降る事があります。それもそのはず、標高3800mを越える山々の峠だからです。

DSCN1008.jpg
ドロミテ

DSCN0859.jpg
ドロミテ

DSCN0773.jpg

DSCN0435.jpg
Passo di Gavia

DSCN0421.jpg

DSCN0032.jpg
Timmelsjoch
前のページ 次のページ

FC2Ad